保育事業

園歌

※園歌が再生されます。音量にご注意ください。

理事長挨拶

自己実現にむけて

rijicho-mizobuchi
ゆめっこ保育園は、時代の役割を果たすために新設されました。私たちの最大の使命は、子どもの最善の利益を主体に、子育て世代の保護者が、仕事と子育ての両立を実現するための就労支援であります。また、様々な事情を抱えながらの子育ての中で、突然子どもを預けなければならい事情が発生した場合や、忙しく過ごす毎日、悩んだり、迷ったり・・・笑顔を忘れている自分に気づく、そんな日もあるでしょう。そんな悩み事相談等の保護者支援も地域の保育園としての大きな役割と考えております。そして、子どもたちはもちろん、私たち職員も、心の成長を創造し、一人ひとりの『生きる力』を培い、未来の未知の可能性を導き、『命の大切さ』を学びます。又全ての誰もが地域社会と共に生きる社会の実現、自己実現に挑戦できる人間を創りたいと考えます。

 

社会福祉法人足跡の会
ゆめっこ保育園

理事長・園長 溝渕 信一

保育理念

・一人ひとりの未来の可能性を育て、様々な挑戦を通して心身ともに成長します。
・また、その中で失敗・工夫・成功と体験することで「生きる力」を学びます。
・そして地域社会とも協力し、家庭・地域・保育園と連携して子ども達を見守り、沢山の人との関わりの中で「命の大切さ」を知る。

保育方針
・子ども本来の姿であるあそびを通して、人との関わりや挑戦する心、協力する大切さを学び、自己を表現しようとする意欲や協調性、社会性を育てていく。
・日本独自の四季折々の豊かな自然に触れ、あそびに取り入れることで五感を刺激し豊な感性を育てる。
・家庭・地域社会と連携し様々な人との触れ合い の中で、人との関わりの温かさや優しさを感じ、相手を思いやる心を育てる。
保育目標
・何にでも挑戦する意欲を持つ
・心身ともにたくましい身体作りを行なう
・思いやりのある優しい心を育てる
・自然の美しさを感じる豊な感性を磨く
・生きる力を身に付ける

≪ TOPに戻る